So-net無料ブログ作成

産地見学 その3 [たたみ]

産地見学の最終章です

和室に付き物は?
今ではこたつとなるでしょうが、書院造の基本としては床の間です。

今では物置き場の1つとなっている家庭が多いですが、もともとは客間の座敷飾りの1つで掛け軸や生け花を飾るスペースなのです。
身分を表す上座、下座という言葉がありますが、床の間がある方が上座になります。
江戸時代には庶民には贅沢だということで床の間を作ることが規制されていたそうです。
今ではスペースがもったいないということで作られていませんが・・・・(泣)

その床の間も板のタイプと畳のタイプがあります。
その畳のタイプに使われるのが龍鬢(りゅうびん)表と言われている初めから黄土色っぽい色をしている表です。
どのようにして変色させているのか知りませんでしたが、産地を訪れてみてびっくり!!
IMG_0270.JPG
太陽に当てて日焼けさせて緑色から黄土色に変色させていました。
あまりに原始的な方法に驚きましたが、話を聞くと実に奥が深い。

まずきれいに変色する草はほとんどない為、い草は最高級のものを集めてその中から厳選して1本づつ選ぶのだそうです。
そして天日干しのため、自然との闘い。
雨にでも降られてしまったらもうだめだそうです。

こうして生き残ったい草だけを使い、一般的な表よりも広い目幅で織り、龍鬢表となるそうです。
現在、市場の70%はこの工場で作られているそうで、全国から注文が来るそうです。
現地の問屋さんが「不況でもここは大丈夫だ!」と言っていました。
技術に裏付けされた信用。
最後に残るのはこれかもしれません。

ちなみに何で最初から変色した表を使うの?
と思われるかもしれませんが、一説によるとお茶の世界の「わびさび」から来ているとか・・・
千利休のわびさびの世界はまだまだわかりませんが、この龍鬢表には緑の表にはない品格を感じます。
畳表の良さは青さではなく2~3年経って変色した時の色に本当の良し悪しが出ると言われております。
人間も30歳を越えてから本当の良さが出てくるのでしょうか?
もう表替えかも?という声が聞こえてきそうですが・・・・
nice!(0)  コメント(0) 

産地見学 その2 [たたみ]

産地見学の続きです。

まずこのグロテスク?な表を見てください。
IMG_0269.JPG

畳表のまん中から触覚のような草が飛び出ていますが、この表こそ知る人ぞ知る畳表の最高峰、「中継ぎ表」です。
い草は140cmにもなる草ですが、全てが緑色をしているわけではありません。
根本は白く、先端は赤く、まん中の部分だけが緑色をしているのです。
なので安い表ほど短い草を使うので白と赤(黒色に見えます)の部分が表の中に入り、高級品は長い草を使うのでまん中の緑の部分だけを使っているのです。
この中継ぎ表はまん中で草をつなぐことにより、い草の良い部分だけを使うことができるのです。
単純に2倍のい草が必要ですし、手織りの為、2日に1枚しかできない贅沢品なのです。
IMG_0267.JPG
縦糸も一般的に使用されているマニラ糸を使うのではなく、大麻を繊維にして作った手作りの縦糸を使います。
某大学生が大麻栽培で問題になっていましたが、大麻で作った繊維はむちゃくちゃ丈夫だそうです。
もちろんそれをドラッグに使用してはいけませんが・・・・
ちなみに今ある縦糸は以前に作った残り物だそうです。

こんな丹精込めて作られた畳表はたたみ職人によって最高の技術を必要とされる板入れ畳として使われることがほとんどであります。
私はまだ使ったことがありませんが、1畳10~15万位するそうです。(驚)

現在、広島でもこの中継ぎ表を織れる人は数人で、織機も数台しかないそうです。
一般家庭用の畳とは無関係に近い存在ではありますが、この中継ぎ表もたたみの文化として後世に伝わって欲しいものです。
今回、織っているところを生で見られてとても良かったです。
できれば死ぬまでに一度使ってみたいものです。

ちなみに触覚?はむしってから畳にするそうです(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

産地見学 その1 [たたみ]

先日、畳表の産地見学に行ってきました。

畳表の産地は熊本が国内の80%を占め、その他福岡、広島、岡山、高知、石川などがあります。
(今では中国表が全体のシェアの半分を占めているというのだから恐ろしい・・・)

その中でも広島産の草は「地草」と言われ、昔から大変質の良い高級品として取り扱われてきました。
縁つき用の表を「びんご表」ということを知ってらっしゃるお客さんがいますが、その「びんご」は備後地方の「びんご」から来ているのです!!
ちなみにスペイン語で「当たり!!」もビンゴと言いますが・・・・。

今では広島でい草栽培をしておられる方はとっても少なく、地草で織った表はとんでもない価格になっています。
広島は表の織りがうまいことでも知られ、今のびんご表は熊本産のい草を広島で織った物をびんご表と呼ぶことがほとんどです。

IMG_0265.JPG

これが広島のい草、「地草」です
目に優しい緑です(笑)

不思議なことに田んぼに生えている時のい草には日本人が大好きなあの癒しの香りがなく、泥染めをして、乾燥させるとあの香りが出てくるそうです。
私も14年畳職人をしていますが、その事実を今回はじめて知りました。(恥)

このい草を泥に浸けて(泥染め)、乾燥させて、織ると畳表になります。
この泥も広島産の泥を備後染土といい、高級品とされています。
この備後染土を使った表はきれいに変色していくことが特徴なのです。

IMG_0271.JPG

今回、当店主用の表を作っている井上さんに会うことができました。
広島でもとても腕の良い職人として有名で、良い職人が持つ雰囲気・オーラみたいなものを持っていて、「この人なら大丈夫だ」と納得してしまいました。
こういう何とも言葉にはできないけど、感じる何かを持った人間になりたいものです。
井上さんに会えた事で、より使っている表に親しみ、愛着がわきました。
「よし!!俺もいい物を作るぞっ!!」って気合が入りました。

案内をしてくれた現地問屋さんが「良い物を作れる工場はみんなゴミが散らかっていなくてきれいで、逆にクレームの多い工場はきたない」と言っていました。
野球でも「草の生え放題のブルペンでは良い投手は育たない」と言われています。
これはどこの世界も同じなんでしょうね
勉強になりました!!





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。